お絵描き知育玩具おすすめNullie

テレビ等のメディアで紹介された、注目のお絵描きタイプの知育玩具

Nullie(ヌリー)





組み立てることで、指先のトレーニングになり、色を塗ることで、デザイン・色彩感覚等が鍛えられ、創造力が豊かな子供に育つそうです。







ヌリーは、紙製のパーツを組み合わせて、家やロケットを完成させるところから始まります。


そして、完成した物に、お絵描きの要領で色を塗って、自分で作った自分だけのオリジナルのオモチャになる2度楽しめる知育玩具となっています。


子供目線で考えれば、とても楽しそうで満足感のあるオモチャですよね。



組み立て完成させる達成感に、好きな色で塗りデザインすることで湧く愛着感。

作り上げた後も、オモチャとして遊べる理想的な知育玩具だと思います。



価格も、小さいロケット型の1,980円の物から大きなお城型の29,800円の物まで揃っているので、

最初は小さいのを買ってみて、お子さんが興味を持って楽しめていたら、次は大きいやつを作ってみようかとお試し感覚で体験できるのも魅力的です。



組み立てるタイプやお絵描き・塗り絵タイプの知育玩具をお探しなら、おすすめです。



メーカーホームページ
紙の家「Nullie」







スポンサーサイト

左利き用はさみ通販で買えるオシャレなiDChoki

なかなか近所のお店では見つからない、左利き用のハサミ。


一般的なハサミも、左手で使えないことはないですが、切りたいラインが見えづらくて不便ですよね。


そんな悩みを解決してくれるのが、自分でカラーパターンが選べるオシャレはさみiDChokiです。





グリップ(持ち手)の部分を、全210パターンの色の組合せから選べて、さらに無料で名前も刻印できる、自分オリジナルのハサミが手に入ります。


(画像はメーカーホームページのイメージ写真)

iDChokiには、いろいろなタイプのハサミがありますが、左利きの人に嬉しいのが、左利きタイプのLeftがラインナップされていることです。


Leftは、一般的なタイプのハサミとは反対に刃付けがされているので、左手で快適に使える仕様になっています。


メーカーホームページから、通販で好きな色を指定して購入できるので、近場に売っているお店がなくて困っているならオススメですよ。




メーカーホームページ
カラフルなグリップがかわいい!「iD Choki」




ホバーボードみたいなスケートボードが通販で登場

最近、テレビ等で取り上げられ、芸能人にも愛好家が多いミニセグウェイ。


そんなミニセグウェイを販売しているメーカーから、楽しそうな新作が登場し、話題になっています。


名前は、ライディングホイール。





見た目は、バックトゥザフューチャーに登場するホバーボードのようですよね。



ライディングホイールは、一輪型電動スケートボードというジャンルの乗り物で、セグウェイのように体重移動で操作します。



1時間ほど充電すれば、路面の状況にもよりますが、最大で16㎞くらいの距離を走行できるそうですよ。



現状、日本では、こういった乗り物の公道での走行が禁止されていますが、私有地や公園等では遊ぶことが可能です。


これから来る、ポカポカ陽気の春の季節、公園に遊びに行く際のお供に持っていったら楽しそうですね。



メーカーホームページ
KINTONE